日記
主にBUCK-TICKや音楽について☆ 日々の日常と非日常の日記デス(*´▽`)ノ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恭一&MAGUMIの日記から。
違う話題書こうと思ってたら
レピの恭一&MAGUMIの日記を見て
またまたウルウルときちゃったよ。。

Kyoichi-Web
http://www.kyoichi-s.com/

2008. 3/15-上田現-
現ちゃんが天国に行った。
俺が知る限りこんなに愛される人はいない。
最後の最後までアーティスト上田現の美学を全うした姿は凄く格好良かった。
亡くなる三日前から毎日現ちゃんの家にみんなで集まった。
7日の日はしんどいくせに来る人来る人に気を使って「大丈夫」とガッツポーズを見せたり、
一生懸命冗談を言おうとしたり。
8日の日ライブが終わって行った時もみんなから
「今日はもう喋れなくなってる…」と聞いてたのに俺の顔を見て「キョーイチ!」とデカイ声で名前読んでくれたり。
亡くなる日、理央ちゃんに
「恭一さん、現ちゃんにギター弾いてあげて」
と言われてベットの横で現ちゃんの曲を弾いてた時、
俺は本当にミュージシャンになって良かったて思ったよ。
力一杯目を開いてこっちを見てる現ちゃんと言葉を超えた会話を音楽でいっぱい出来た。

泊まり込みで現ちゃんのそばにずっといたMAGUMIも途中から一緒に歌った。
汗と涙がいっぱい出たばってん、この時の3人でのセッションは一生忘れんよ。
弔辞でも約束したばってん、現ちゃんの発表出来ていない曲達は必ず俺たちが完成させて
上田現のアルバムをたくさんの人に届けるよ。
俺と現ちゃんは出会った頃からず~~~っと音楽で張り合って来た。
これからも現ちゃんは俺のライバルだ。
もっともっと張り合っていくけん天国から見とってくれ!



MAGUMI HP
http://magumi.jp/main.html

08' 03 17(MON)
現ちゃんありがとう そして 永遠に・・・・
今、悲しみよりもすごいさびしさでいっぱいです。
何でも掻きまわして話題のつきない男でした。
ある時は子供以下、ある時は先生であり、またある時はライバルであり、そして家族のような仲間でした。
いつでもカッコつけては空まわりしてましたが、最後は本当にカッコよかった。
病気の告知を受けてからは必ず治して誰にも気付かれず普通の生活に戻るのが現ちゃんの意志でした。
私もツアーを一緒にまわる事にならなければ病気の事は知らされてなかったと思います。
治療をしてる姿も家族が不安がらないようにあまり見せなかったと聞きました。
最後は自宅に戻った所で私達も呼ばれました。
私が行くと現ちゃんがハイタッチで迎えてくれていくつか言葉をかわす事ができました。
人と会話する以外は昏睡している状態でしたが誰かが来るといつもの現ちゃんで二日目はもう会話する事もできなかったのですが、目を見開いてウンウンとうなずいていました。
三日目は恭一と現ちゃんとイージンサン・ハーメルンを心で会話して歌う事ができました。
亡くなる3時間前も現ちゃんの友人が子供を連れてくるとニコッとわらっていました。

そして3月9日の夕方家族やたくさんの友人に看取られて永眠しました。
最後までイタイやツライなど弱音は一度もはかず、病気を治そうと思っていたし
、呼吸をする事も諦めませんでした。
命の炎が一分一秒燃えつきるまで戦いぬいて生きようとしてました。
現ちゃん本当にカッコよかったよ。
これを読んでる皆様も現ちゃんの意志を受けついで力強く生き続けてほしい。
私も命の続く限り、現ちゃんの歌を歌い続けて、語り継いで行きたいと思います

現ちゃんありがとう。そしてこれからも私の心の中で生き続けてください。
MAGUMI

*******************


そして告別式の時の歌がupされていて・・・
MAGUMIの声が響きます。。
http://jp.youtube.com/watch?v=KV8tZ3Jt0x0

現ちゃんの曲を完成させて世に出すって約束、
楽しみに待ってる!!
そして現ちゃんの分もいっぱいライブして
長生きして欲しいなぁ♪♪

よっしゃ、私も布教活動しなくっちゃ。
とりあえずかめ吉ちゃんにレピのCDをセレクトっと。
( *^-^)

スポンサーサイト
サヨナラ現ちゃん。
現ちゃんの告別式、今日でしたね。
コミュで様子がupされていて、
なんだかウルウルきちゃいました。
メンバーが「ハーメルン」やったと聴いて。。
雪好も来てたって。。

http://contents.oricon.co.jp/news/entertainment/52833/full/

http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200803/13_3/index.html

ここに写真もいっぱいupされていて、
赤い花やトラッキー達に囲まれた
思いっきり笑顔の現ちゃんの遺影を見て、
なんかほっとしました。
なんだかわかんないけど。。

元ちとせ、エンリケや、ピーズのハルや
ジュディマリのタクヤ、
まちゃまちゃとかもいてたみたいでした。

家族や友人やいっぱいのファンに囲まれて、
現ちゃん旅発っていったのかなぁと。
私は今日は大阪の空から見送ったよ。

ショック過ぎるよ、現ちゃん。。。
上田現、永眠

レピッシュのキーボーディストであり、元ちとせ、伊藤ふみお(ex KEMURI)のソロ・ワークへの楽曲提供などを手掛けてきた上田現が、3月9日(日)午後5時15分、肺がんのために永眠した。47歳だった。

上田氏は、一昨年末に発症して以来、病名は伏せたまま「腰痛」とだけ明かし、完治を信じて闘病してきた。

告別式は、3月13日(木)午前11時より、千日谷会堂(JR信濃町駅 徒歩1分)に於いて、仏式で執り行なわれる。

************************

今日の午後、会議中(雑談中だったので)、
ニブちゃんのメールをなにげに見て
声を上げそうになった。
「現ちゃんが亡くなったらしい・・・」
ビックリして、後でHPで確認したら本当だった。
しばらくしてマルコさんが飛んできた。
「ヤフーニュースみた?」
「ショックやぁぁ~(T_T)」

たった2日前のウルフルズレポの時に
『いやぁ~ジョンB帰ってきてよかったねぇ。
(あぁ現チャン雪好も帰ってこないかなぁとシミジミ) 』
って書いたところなのに。

「いつかもう一度現ちゃん一緒の所見れるよね!」
と、ニブちゃんと言い合ってたのに。
大阪しか行けなかった20周年ライブ。
「腰痛やって~おじいちゃんだからねぇ(笑)」
ってネタにしてゴメン、現ちゃん。
本当に見たかったよ。
でも現ちゃん参加できなかったけど
すごくいいライブだった。
MAGUMIや恭一や達もわかってたんだろうね。
なんか思い出しても泣ける。

まさか肺ガンだったなんて。
東京のライブの時の様子を聞いて、
腰痛にしては頑張ってたんだなぁ~と、思ってた。
かなり頑張ってたんやね。

「僕らの音楽/KEMURI(伊藤フミオ)」のゲストに出たビデオ。
めろうさんに借りて、しっかり見せてもらった。
あれが映像で見る最後の現ちゃん。
元気そうに見えた気がしたんだけど。
借りて見れてよかった。
めろうさん、ありがとうね(T_T)

帰りの車ではipodの中に
「現ちゃん縛り」のプレイリストがあるので
それを聴きながら帰ってきた。
元々切ない曲が多いんだけど・・・・
好きだなぁ~と実感。

前に日記にも書いた「ハーメルン」や「回送電車」など。
名曲ばっかりやなぁ。
あの現ちゃんワールドがひねくれててツボで大好き。

あぁ告別式は行けないけど、
ご冥福をお祈りします。

(T_T)

現ちゃん、ありがとう。


回送電車
「Dogs can't see COLORS/La-ppisch」
約10年ぐらい前のアルバムなんだけど
かなりいい感じ。
この曲は今からの季節にしみるねぇ♪
機会があったら是非聴いてみてね。
今日は大阪出張!いってきまーす♪

===================

回送電車  作詞作曲:上田現

プラットホームにつったてるのは
あれがサンタクロースって奴じゃねえのかな
今日の電車はもう終わっちゃったんだぜ
キップ持ってね 待っていてもね
なんにも来ないんだよ

寂しいというなら ついてってやろうか
悲しいというなら キスでもしようか
君の持ってる そのマップには
なんにも書かれていねーんだろ

雪にない街に鈴をならせよ
風のない街に歌をうたうよ
こんな夜には ここじゃなくてさ
オレが地図を書いてあげるよ

回送列車がゆっくりと静かに
無人のホームに入って来たぜ
ねえ そんなもんに乗っても どこにも行けやしないぜ
君の持ってる そのプレゼントは
今の子供は喜ばないんだよ

雪のない街に鈴をならせよ
風のない街に歌をうたうよ
こんな夜に ここじゃなくてさ
オレが地図を書いてあげるよ

雪のない街に鈴をならせよ
風のない街に歌をうたうよ
こんな夜に ここじゃなくてさ
オレが地図を書いてあげるよ

オレが地図を書いてあげるよ


ハーメルン
好きなので歌詞載せてみました♪
曲も一緒に載せたいっ(T_T)
MAGUMIの声、泣けるよ~

==================


ハーメルン /レピッシュ  作詞作曲:上田現

となり街から 不思議な楽団が 又 となりの街へ
ぼくの部屋の 窓の外を ゆっくり通り過ぎる
いろんな人に 会ってきたんだね
いろんな街を 歩いてきたんだろう?
この先もいろいろと 行くんだろう?
連れてってよ 連れてってよ 連れてってよ
笛なら吹けるよ
太鼓もたたくよ
ネェ あの歌を教えてよ
ダンスはヘタだよ
でもけんめいに踊るよ
ネェ そのステップを教えてよ
となり街から 不思議な楽団が 又 となりの街へ

砂あらしにも 負けないマント着て ぼくは家を出て行く
街の子供達と 彼らのあとを あしばやに追いかけてみた
ずっと笑われてきたんだね
石を投げられた事もあるんだろう?
泣き事なんか決して言わないから・・・
ついて行くよ ついて行くよ ついて行くよ
笛なら吹けるよ
太鼓もたたくよ
ネェ あの歌を教えてよ
ダンスはヘタだよ
でもけんめいに踊るよ
ネェ そのステップを教えてよ

月が昇れば
丘にのぼろう
ネェ あの歌を歌ってよ
オー ララララララ オー ララララララララ
ララララララ ララララ オー

こうして ぼくの街の子供達は 一人もいなくなったのさ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。